30代40代と年を重ねていくとお肌の状態は季節によって変わってきます。

 

生理前は特に吹き出物や乾燥が気になるようになり、鏡を見るのが嫌になってきます。
日頃から洗顔や基礎化粧品で常にケアしたり、果物を食べたり野菜ジュースを飲んだりしていますが、肌が荒れてきそうな気がしたら、サプリでビタミンを飲んでみたりと自分でやれそうなケアはしています。

 

年齢を重ねたお肌は、ターンオーバーの力が弱くなってしまいます。

 

20代の時は28日周期でも40代になると倍程の日数が必要になります。古くなった皮膚が剥がれないので当然シミやくすみが目立つようになります。40歳以降は付けるだけでなく、拭き取り化粧水やそのため近頃くすみが解消されこの頃はくすみが徐々に取れていって明るい顔色に戻っている気がします。試したことのない人にはとってもオススメです。

 

長年愛用してきたメイク落としはオイルタイプでした。
オイルがもっとも洗浄力が強く綺麗さっぱり洗い上げてくれるという思い込みからでした。思惑とは裏腹に、乾燥肌の私の場合にはオイルが必要以上に皮脂を奪っていると知り、洗浄力は若干落ちますが肌に負担の少ないクレンジングジェルを選ぶことにしました。その結果、カサついていた肌にしっかりと皮脂が分泌されるようになり洗い上がりにお肌がつっぱることも無くなりました。

どうしても顔がカサカサするという方は試しに洗浄力の弱いクレンジングにチェンジしてみてください。

 

頬が乾燥肌な一方で、額や鼻筋は油性肌…私の悩みこそ、この混合肌でしたが、適当にスキンケアするのではなく「ゴシゴシ擦らない洗顔、洗顔直後の保水&保湿」の基本中の基本をしっかり丁寧に、素早く行うことで改善してきました。自分の肌の状態を理解した上で様々なスキンケア化粧品を収集することも大切かもしれませんが、それは「基本がきちんとなされていること」が条件なのだと体感しました。

それでも疲れていたりして面倒な時は基本を省略してしまったりもするのですが、その後のお肌はもちろん乾燥&脂の混合肌です…ここはやはり「基本忘れるべからず!」ですよね^_^もう冬はすぐそこまで来てますね>_<寒い季節がやってくるのと同時に気になり始める乾燥肌。
この冬こそ脱・乾燥肌を目指すためにも進んで摂取して欲しい栄養素があります!必須ミネラルの一つ「亜鉛」です!亜鉛は体内では僅かしか存在しないミネラルですが、女性が大事にしている肌、髪の毛、爪といった部分を美しく保つのに欠かすことはできません。冬の旬である牡蠣にはもちろん、牛肉、レバー、たまご、チーズにも亜鉛はたくさん含まれているのでいつもの食事にプラスして取り込むようにしてみてはいかがですか?さて、もうすぐ冬ですね。

 

あっという間ですね~!冬の訪れとともに気にすべきなのはお肌の乾燥。
今年こそは乾燥しないためにも「亜鉛」は絶対に摂取すべき栄養素です!亜鉛は微量のミネラルを含み中でも爪や髪、当然お肌も新陳代謝をアップさせて美しく保つ効果があるんです亜鉛は冬に旬を迎える牡蠣が特に含有量が多いですが、レバー、牛肉、たまごやチーズといったものにも多く含まれていますのでぜひご家庭の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか??30代になってから、ついに目元にシワやたるみができてしまいました。その頃に出産を経験したので、分泌ホルモンの変化が出ていたのかもしれません。細かい小ジワ、いわゆる「ちりめんジワ」も目の下にありました。

 

目を支える筋肉を使う体操でたるみに対応したり、夜のスキンケアを念入りに行っています。

 

目の体操は、筋肉を意識しながら「ぎゅーっぱっ」と目を閉じて開いてを繰り返す簡単なものです。

 

毎日のスキンケアは、化粧水だけでなく必ずパックも使用して潤いを与えた後、より保湿されるよう目の下にだけワセリンを少し塗るようにしています。

スキンケアで私が重要視していることは、つけたスキンケア用品を肌に浸透させてから次のスキンケア用品を使うということです。

 

洗顔後にタオルで顔を優しく拭いてから、まずは化粧水を馴染ませます。続けてすぐに美容液を使うのではなく、化粧水がしっかり肌に浸透するまで少し待ちます。美容液をつけるのは化粧水が肌に馴染んだと感じられてからです。

 

これも同じように美容液が肌に馴染むのを待ちます。そして肌に馴染んだと感じたら、最後に保湿クリームを塗ります。

 

このようにゆっくりとお肌を労わってあげるとお肌が元気になりますよ^_^洗顔後すぐに化粧水をつけることは効果的だといわれています。肌の水分は洗顔によって失われます、水滴をタオルで優しく拭き取り、手で優しくおさえるようにつけます。

 

入浴後は服を着る前につけた方が良いでしょう。

 

ただこれだけのことではありますが、朝起きると肌がプルプルとしています。

 

いつも使っている化粧水で、効果は十分にきたいできます。エイジングケアを目的としたコスメを愛用していますが、単純に塗るのではなくちょっとしたテクを使うようにしています。

 

ほうれい線が気になる口元はスキンケア化粧品をシワが伸びるように頬を膨らませた状態で塗るようにし、肌のお手入れの一番最後にあご、頬、こめかみを手のひらでグイーッと押し上げるマッサージをするようにしています。

 

近頃は目の周りもたるむようになったので、アイクリームを目の回りやツボを押しながら塗り込んでいます。