妊娠中や産後はホルモンのバランスで産前とは肌質が違うという事もよくあります。
妊娠前は普通肌だったのに乾燥肌になってしまった、シミが濃くなってしまったかも…。
そうであれば、ケアもお肌の状態に応じてしっかりと行っていきましょう。つわりなどであまり動きたくこともあるかと思います。そうであれば絶対に無理をしないでほしいのですが、シミが目立つようになったという方は、家から出なくても冬であったとしても日焼け止めを塗っておくとシミができにくいのでぜひ塗るようにして下さい。女性のホルモンバランスは妊娠すると崩れてしまうため、肌は乾燥し、荒れやすくなる特徴があります。

妊娠する前よりもしっかりと肌の保湿をすることが求められますが、妊娠中特に気になるのは「お腹の妊娠線」でしょうか。お腹が大きくなるのは胎児の成長に伴ってのことですが、その際に皮膚が柔軟に伸びることができなかったために組織が断裂して線になっているので、この妊娠線を作らないようにするためには、保湿剤をこまめに塗って対応するだけでなく、急激に体重が増えないようにすることも大事です。

お肌のお手入れの基礎となるのが顔の洗い方です。自分の洗顔を見直し正しい方法で行うことこそ、美しく整ったお肌へと続く近道なのです。

洗顔というと手で洗うものと思いがちですが、それは間違いです。

洗顔とはせっけんや洗顔フォームといった洗顔料の泡で顔を洗うことを指します。

指が顔に直接触れてしまわないように、たっぷりの泡を顔の上に優しく広げるように洗うと肌に負荷をかけない本当の洗顔ができます。

洗顔後、すぐに化粧水や乳液、美容クリームで潤いを閉じ込めて保湿を行いましょう。

鼻の毛穴が黒く広がって目立ってしまう、いちご鼻。いちご鼻撲滅の為には、毎日コツコツと毛穴ケアをしていきましょう。鼻の角栓が気になるあまり、ぐぐっと指で絞り出す人もいると思いますが、注意が必要です。

刺激をお肌に与えると、皮膚の最も下層にあるメラノサイトからメラニン色素が分泌されます。日焼けをすると肌が黒くなっていまうのは、このメラニンが皮膚を守ろうとしている結果なのです。

毛穴を詰まらせる角栓を無理に押し出すと、刺激によって排出されたメラニン色素で皮膚が黒ずむ要因となり得るのでお勧めしません。肌が乾燥するとゴワゴワし洗顔後や寝起きでは特にヒリヒリと痛みますよね。乾燥肌対策は保湿が全てです。たっぷりの野菜やフルーツを食べビタミン等の栄養補給をし、そして水分もいつもより多めに摂りましょう。

それから、化粧水を塗った後はきちんとそれをフタをするクリームや美容液を必ずつけるのです。あなたの身体の内側からも外側からもケアしてあげることが大切なのです。
妊娠線ができたら最後、消す事はできない!そんな恐ろしい話を知っていたので、妊娠初期から妊娠線予防をしていました。
妊娠線はお腹だけでなく、脂肪のつきやすいお尻や太ももにもできやすいので、ボディクリームやボディオイルを保湿目的でお風呂から出た後には必ず塗っていました。妊娠線ケアはマタニティ用として売られている刺激の少ない製品を利用しました。そのおかげで妊娠線ができることはなかったです!今は産後3ヶ月になりますが、引き続きボディケア用品を使ってお腹をマッサージしています。私が妊娠中の時にはお肌の調子が悪くなる事もなかったので、これまで通りのスキンケアで大丈夫でした。しかし出産を終えてからというもの、日常生活は赤ちゃん中心とした余裕のないものに一変し、睡眠不足でスキンケアをするのも億劫な日も続き、簡単にケアできるオールインワンが大活躍してくれました。さらに、付けながら家事などをしていられるシートマスクも頻発に使っていました。

さむーい冬が、いよいよやってきますね^^;冬場になると肌も乾燥しがち。
今年こそは乾燥しないためにもとっておきたい栄養素があるんです!それは「亜鉛」です。

亜鉛は微量のミネラルを含みお肌や髪の毛、爪などの健康を維持するのにとっても重要なんですよ^^牡蠣やレバーといった癖のあるものだけでなく、牛肉、たまご、チーズにも亜鉛は多く含まれていますので毎日の食生活で手軽に取り込んでみてはいかがでしょうか?肌のハリ、弾力成分は歳とともに減っていきます。年齢を重ねた肌に相応のお手入れが必要となる時期は人によりけりですが、お手入れ後すぐに違いが出でくるものでもないので、早めのお手入れが必要です。

普段使用するスキンケア商品をエイジングケアができるものに変える、たるみやシワ対策のハンドマッサージや乾燥対策のコットンパックで通常のケアに一手間加えるなど、意識して継続的に行うことがハリやツヤのある美肌の維持に繋がります。すでにシワやたるみがあるという方も、へこたれずに問題を解消してハリツヤ肌を手に入れる為に頑張りましょう。

年齢に負けない若々しい自分でありたいという気持ちこそ、美肌のキープに欠かせない動機なのです。

わたしは産後、顔全体に吹き出物のようなものがたくさん出来てしまいました。

出産後にこれまでとは異なる体質になるという噂は聞いていましたが、私自身がその体験者になるとは夢にも思っていませんでした。母乳で育児をしているので使用する薬の成分によっては赤ちゃんに影響が出てしまうので、たっぷりと保湿して肌の状態を整える事にしました。子供のお世話はしなければならないことも多くありますが、保湿だけは毎晩しっかり行うようにしたところ、少しずつではありますが顔中にあったニキビのようなものは目立たなくなってきました。